学術研究や経済活動の発展に寄与することを目的として、高度に専門的な能力をもつ外国人材を受け入れるために導入された新しいビザが高度専門職ビザです。高度専門職1号は5年の在留期間が認められます。高度専門職2号は、高度専門職1号ビザで一定期間滞在していたことを要件に、無期限の在留期間が認められます。
永住ビザの許可要件が大幅に緩和されているところに特徴があり、永住ビザを取得するための要件の一つである「引き続き、10年以上在留している」という要件が、高度人材ポイント70点以上であれば3年、80点以上であれば1年の在留期間で足り、永住ビザが許可されやすいところにメリットがあります。

許可要件をめぐって

現在、準備中です。
(報酬)
在留資格認定証明書の交付
15万円
変更許可申請
10万円(高度専門職1号外国人の転職)
15万円(高度専門職1号→高度専門職2号)