家族信託は、家族のために財産を活用する仕組みづくりの一つです。
家族信託は不動産や金融資産を、子どもや甥・姪などの信頼できる家族に活用してもらい、将来、本人を含めた家族が生活に困ることがないようにしておくための仕組みづくりに役立ちます。
もともと、自分の財産は自分が思っている通りに活用することができます。他人のための財産活用であったとしても、本人が望んでいれば禁止されることはありません。ところが、後見制度を利用するときや相続手続きがはじまると、他人のための財産活用ができなくなります。それは、後見や相続が始まった場合の基本的な法律関係が本人の思いをかなえる仕組みになっていないことに、大きな理由があります。
家族信託は、法律で定められていることに修正を加え、本人が望む家族のための財産活用を可能にします。

家族信託のすすめ

1.後見のケース

後見制度を利用すると後見人が本人に代わって財産管理をすることになります。このとき後見人は、管理している財産を本人の生活のためだけに管理・処分することが厳格に求められます。
そのため、後見人や家庭裁判所により本人の生活のための財産活用にならないと判断されると、本人が望んでいたとしても、家族のための財産活用は実現されないことになります。それは、家族が生活に困ることを意味しますが、後見制度が適用される場合の法律関係は、本人がいくら望んでいたとしても、家族の生活を優先することはありません。本人の財産は本人のために活用するという思想が、後見制度の背景にあるからです。
このような不都合を避け、本人が望む家族のための財産活用を実現するためには、家族信託を設定することが大切です。後見制度の利用が開始されても、信託の担い手が、本人が思い描いていた家族のための財産活用を実現してくれます。

2.相続のケース

家族の中でも信頼できる相続人に、多くの財産を分ける内容の遺言書を作成することはよくあることです。多くの財産を相続することになる子世代にとっては大きな利益になりますが、親世代にとっては気がかりの要因にもなります。
家のことをしてもらうために、特定の家族に多くの財産を相続させるつもりでいても、その家族が、家のことを考えて財産を活用してくれるとは限らないからです。遺言書により財産を承継した者は、自由にその財産を活用できてしまうことに大きな原因があります。
高齢配偶者や障がいのある子どもの面倒をみてもらうための仕組みづくり、先祖代々の財産を何世代かにわたって承継するための仕組みづくり、ご商売をなさっている方の事業承継のための仕組みづくり、ひきこもりのお子さん等、将来単身世帯となる方の暮らしのための仕組みづくりなど、その財産を生活の糧にするために財産を残すことを考えている親世代からすると、本当に自分の思っている通りに財産を活用してくれるのかどうかは重大な関心事になります。
LGBTパートナーのお互いの生活のための仕組みづくりやおひとり様の終活のための仕組みづくりなどでも、財産を預ける側からすると、果たして本当に、自分の思っている通りに財産を活用してもらえるのか、気がかりの要因となります。
このような不安を解消するためには、家族あるいは信頼できる友人・知人との間で、ある財産を一定目的のために活用することを内容とする契約を結び、しっかりとした手続きのもと、財産活用をすることが大切です。このことを実現する契約が、家族信託契約です。

家族信託設計のための手順

1.家族信託を設定する必要性の確認

後見制度の利用や遺言書作成、財産管理契約等の締結で、本人が望む財産活用を実現できるケースでは、無理に家族信託を設定する必要はありません。家族信託のはじまりは、そのことの確認からです。

2.利害関係人(相続人等)の調査

経済的な利益を得られない関係者は家族信託の設定を問題にし本人の思いを妨げます。そのような人物の存在を確認し対策の準備をします。

3.信託財産の調査

信託財産の管理・処分の方針を決める上で、不動産評価額や金融資産の総額を把握することは必要不可欠です。それは、信託報酬を決める上でも重要な指標となります。

4.家族信託の設計

事務負担の軽減、権利や利益の擁護、課税関係、残余財産の権利帰属者への配慮に至るまで、家族信託が終了するまでの間、問題なく運用されていくための信託設計が必要です。

5.家族信託のための手続き

公証役場での手続きを通じて、公正証書にします。信託財産が不動産の場合は、信託登記をし、金融資産の場合は、信託財産を管理するための口座を新しく作ります。賃貸不動産や株式を信託財産とすることも可能です。信託財産に応じて手続が異なりますので、信託設定にあたっては財産ごとの対応が必要になります。

関係者の立ち位置

家族信託契約では、受託者に財産をあずけ、ある目的を設定し、その目的のために財産を活用してもらうように、信託契約で決めておきます。受託者は、信託契約で決めた内容にしたがい、財産を活用します。受託者が契約内容にしたがって、財産の活用をしているかどうかをチェックする仕組みを信託契約に盛り込んでおくことができます。委託者は、受託者が財産を活用することによって得られた利益だけをもらうことができます。

行政書士の役割

家族信託契約は、目的の設定にはじまり、権利関係の設定、その手続きも複雑です。行政書士が、家族のための財産活用を実現する信託契約書の作成と手続きのお役に立ちます。
(報酬)
家族信託契約書の作成
15万円
家族信託の仕組みづくりと手続対応
10万円
不動産や金銭の信託
信託財産の価額によって報酬が異なります。
評価額・金額と報酬
1,000万円未満
5万円
1,000万円以上3,000万円未満
10万円
3,000万円以上5,000万円未満
15万円
5,000万円以上1億円未満
20万円
1億円以上
20万円に超過額5,000万円ごとに5万円を加算した額
※信託の管理・運営の内容によって行政書士報酬が発生することがあります。詳細はお問い合わせください。

費用

・公証人手数料
信託財産の価格により異なります。日本公証人連合会のホームーページをご参照ください。
・司法書士委託費(信託財産に不動産が含まれるケース)
10万円(1物件)
(登録免許税が別途計上されます)