相続が発生すると、相続財産は、相続人間の共有財産となります。そのため、相続財産を相続人の単独所有とするためには、相続手続が必要になります。相続手続は、遺言書が作成されているときは、遺言書に記載されている通りに、相続財産を分けることになります。遺言書が作成されていないときは、相続人間で、どのように相続財産を分けるのかということについて、遺産分割協議といわれる話し合いをし、その結果を遺産分割協議書に記します。
相続手続は、相続人や相続財産の調査に始まり、関係機関への訪問を含めると、多くの時間と手間のかかる手続きです。手続負担の軽減のために、相続手続でお困りの皆様のお役に立つことが行政書士の役割です。
遺産分割協議による相続手続のケースでは、相続人間で相続財産をめぐるトラブルが発生し、円滑に話し合いがまとまらず、調停、裁判にまで至り、ようやく相続手続が完了するといった話も聞きます。
そのような事態に陥らないようにするためには、遺言書や家族信託契約書の作成を通じて、自らの思いを次世代に明確に伝えておくということが大切です。当事務所では、遺産分割協議書の作成はもちろんのこと、相続をめぐるトラブル防止のための仕組みづくりを心掛けております。

相続調査

遺産分割協議書

遺言書

遺言書の保管

遺言執行

法定相続情報証明