相続人の調査

相続が開始されて、相続人が最初に取り組まなければならないことは、相続人が誰かということを確定することです。亡くなった方(被相続人)の出生から死亡までの戸籍、相続人の現在の戸籍等を調査することを通じて相続人の確定をします。
家族間でお互いに知っている親族だけで遺産分割をしてしまうと分割後に別に相続人が発覚した場合、再度遺産分割をし直さなければならず、手続き上の負担が増えます。戸籍を通じて相続人が誰かをあらかじめ確定した上で、遺産分割をする必要があるのはこのためです。
相続税を算定する上でも、相続人の確定は欠かせません。相続税の基礎控除額が3,000万円+(600万円×法定相続人)とされていることを考えたとき、遺産総額が基礎控除額を越え、相続税が課税されるかどうかは法定相続人の人数に左右されるといえるからです。
正確な相続人調査が、適切な遺産分割につながり、遺産分割をめぐる紛争を回避することになります。ご家族が亡くなられた後に戸籍調査をしたうえ相続人を確定する作業は、心理的な負担を考えると、思っている以上に大変なことです。
行政手続を専門とする法律家、行政書士がお役に立ちます。

相続財産の調査

現在準備中です。しばらくお待ちください。

報酬 

3~10万円