自動車のドライバーは、新たに車を保有する場合や引越し等により使用の本拠の位置が変更される場合、自動車の駐車場を確保しなければなりません。
使用の本拠の位置から、2㎞以内に駐車場を確保する必要があるとともに、車の大きさに応じたスペースがあるか、公道への出入りが可能か、使用権限があるか等、駐車場としての機能が問われます。
使用の本拠の位置は、印鑑証明書や住民票、公共料金の領収書、消印のある申請者あての郵便物のいずれかにより確認されます。

手続きの流れ

1、弊所への連絡
車検証に記載されている使用の本拠が変わるとき、新車や中古車を新規に登録するときは、新しく車庫証明をとる必要があります。
申請に必要な情報をあらかじめ、お知らせいただくと申請手続がスムーズです。車検証をお持ちの場合は、ご準備ください。
2、申請書の準備
申請書には、保管場所そのものの証明を求めるものと保管場所の標章交付を求めるものと、2種類あります。
それぞれ、車名・型式・車体番号・自動車の大きさ、使用の本拠、保管場所、申請者の住所を記載のうえ、申請する必要があります。
必要に応じて、車庫の所在図・配置図を作成するために現地確認を行います。
車庫の権利関係に応じて、自認書あるいは承諾書の準備をいたします。
3、車庫証明の申請
保管場所(駐車場)を管轄する警察署にて申請手続きをすると、通常、車庫証明に関する書類が2日~7日の間に交付されます。
(車庫証明関係の書類)
申請書(1)はこちら
申請書(2)はこちら
申請書(3・軽自動車用)はこちら
申請書(4・軽自動車用)はこちら
保管場所の所在図・配置図はこちら
車庫の自認書はこちら(車庫が自己所有の場合)
車庫の承諾書はこちら(車庫が他人所有の場合)

行政書士の役割

車庫証明の申請と証明書の受け取りという2度にわたる窓口での手続きが求められる行政手続を、遠方のディーラーや多忙なドライバーが行うことは現実問題として、難しいことです。そこで、ディーラーやドライバーの代わりに、新しく確保した保管場所(駐車場)を管轄する警察署に2度おとずれ車庫証明の申請と証明書の受け取りをすることが行政書士の役割です。
当事務所では、原則追加料金をいただかずに、申請手続をいたします。報酬以外にかかる費用は警察手数料と郵送料のみです。
自動車の駐車場を都内に持つことを検討しているディーラーやドライバーのご要望にお応えいたします。
(報酬)
車庫証明・車庫届出
【世田谷、目黒、品川、大田ほか、杉並、渋谷、中野、新宿、豊島、練馬、板橋、北、荒川、足立、江戸川、江東、港、千代田、中央、葛飾、文京、台東、墨田の東京23区】
5,000円(税込5,500円)
【東京市部、川崎市、横浜市】
7,000円(税込7,700円)
自動車登録
5,000円(税込5,500円)
出張封印
品川、練馬、足立、世田谷、杉並、板橋、江東、葛飾の各ナンバー
1万円(税込11,000円)
多摩、川崎、横浜の各ナンバー
1万2,000円(税込13,200円)