黒ナンバーとは

軽自動車での貨物運送を始めたい場合、運輸支局で「貨物軽自動車運送事業」の届出をする必要があります。この届出をし、連絡書を軽自動車検査協会に提出すると、「黒ナンバー」が交付されます。「黒ナンバー」は、軽自動車等による貨物運送事業者しかつけられないナンバープレートです。
ECビジネスの拡大に伴い家にいながら多くの物が手に入るようになりました。それにともない、宅配便サービスの中心となる軽自動車等による貨物運送事業のニーズも、飛躍的に高まっています。「黒ナンバー」をつけて、運送事業をスタートするにあたっては、運輸支局、軽自動車検査協会、車庫最寄りの警察署で、それぞれ手続きが必要です。行政書士が、軽自動車による貨物運送事業をスタートする方のお役に立ちます。

手続きの流れ

運輸支局

ディーラーから車を購入した事業者が、運送事業をスタートするにあたっては、運輸支局で、「経営届出書」を提出します。提出にあたっては、事業用自動車等連絡書、運賃を定めた料金表、新車の場合は諸元帳の写し、中古車の場合は車検証等の写しを準備した上で、届出をします。

軽自動車検査協会

車を検査協会に持ち込んで検査を受け、登録、新しい車検証の発行、古いナンバープレートと交換に新しいナンバープレートの交付を受けるという自動車に関する手続きは、多忙なドライバーにとっては大変な手間です。
そこで、車両の持ち込みをしなくとも、運輸支局から発行された「連絡書」とともに、指定整備工場から交付される「予備検査証」を、軽自動車検査協会に提出し、登録、新しい車検証の発行、新しいナンバープレートの交付を受けるという手続きがとられることもあります。
新しいナンバープレートは、古いナンバープレートを提出しなければ交付されませんので、注意が必要です。ただし、以下のように、例外があります。
軽自動車税などコスト負担の軽減を図るために、ナンバープレートを一時的に返納している車の場合は、古いナンバープレートの代わりに、返納証明書を提出することにより、新しい車検証の発行、新しいナンバープレートの交付を受けることができます。中古新規の登録にあたっては、返納証明書を提出することがあります。
行政書士による手続きについては、後返納の手続きが認められていますので、交付を受けてから15日以内であれば、新しいナンバープレートの交付を先に受け、後から、古いナンバープレートを返納するといったことも可能です。一度に多くの車両について手続きが必要なときは、後返納の手続きがあると便利です。

警察署

登録手続が完了した後は、軽自動車を保管する車庫について、「保管場所届出書」を最寄りの警察署に提出します。

行政書士の役割

これから軽自動車による運送事業をスタートしようという多忙な事業者が、必要書類を準備したうえで、運輸支局、軽自動車検査協会、警察署の3ヵ所で、行政手続をするのは大変な手間です。そこで、手続負担を軽減するために、事業者の代わりに行政手続をするのが行政書士の役割です。
軽自動車による貨物運送をスタートしたいけれど、忙しくて、手続きをする時間がないという事業者の方は、お気軽にお問い合わせください。
(報酬)
黒ナンバーの手続き
(経営届出書の提出、黒ナンバーの取得、車庫の届出)
3万円