黒ナンバーとは

軽自動車で貨物を運送する事業者は、運輸支局で「貨物軽自動車運送事業」の届出をする必要があります。この届出をすると、軽自動車検査協会にて、「黒ナンバー」が交付されます。「黒ナンバー」は、軽自動車による貨物運送事業者しかつけられないナンバープレートです。
ECビジネスの拡大に伴い家にいながら多くの物が手に入るようになりました。そのため、宅配便サービスの中心となる軽自動車による貨物運送のニーズは、飛躍的に高まりました。「黒ナンバー」をつけて、運送事業をスタートするにあたっては、運輸支局、軽自動車検査協会、車庫最寄りの警察署で、それぞれ手続きが必要です。新しく、軽自動車による貨物運送事業をスタートする方をご支援いたします。

手続きの流れ

運輸支局

ディーラーから車を購入したドライバーは、運送事業をスタートするにあたって、運輸支局で、「経営届出書」を提出します。
提出にあたっては、諸元のわかる車検証(中古車の場合)又は完成検査証(新車の場合)、運賃を定めた料金表、連絡書を準備した上で、届出をし、連絡書の発行を受けます。

軽自動車検査協会

運輸支局から発行された「連絡書」を、軽自動車検査協会に提出し、新しい車検証とナンバープレートの交付を受けます。

警察署

登録手続が完了した後、軽自動車を保管する車庫について、「保管場所届出書」を最寄りの警察署に提出します。

行政書士の役割

これから軽自動車による運送事業をスタートしようという多忙なドライバーが、必要書類を準備したうえで、運輸支局、軽自動車検査協会、警察署の3ヵ所で、行政手続をするのは大変なことです。そこで、手続負担の軽減のために、ドライバーの代わりに行政手続をするのが行政書士の役割です。
行政書士による行政手続の場合は、新しいナンバープレートの交付後、15日以内に古いナンバープレートを返納する「後返納」という手続きが、認められています。これにより、新しいナンバープレートの交付を受けるのと同時に、古いナンバープレートを返納する必要がなくなります。古いナンバープレートは、新ナンバープレートの交付後、15日以内に返納すれば良い訳です。その結果、ドライバーは、行政手続のために、わざわざ運休して、検査協会に自動車を持ち込んだり、ナンバープレートを取り外したりといった手間をかける必要がなくなります。新しく交付されたナンバープレートは、ご都合の良い場所でご都合の良い時間帯に、弊所により、取付けさせていただきます。
軽自動車による貨物運送をスタートする際には、お気軽にお問い合わせください。
(報酬)
黒ナンバーの手続き
(経営届出書の提出、ナンバーの取得・取付、車庫の届出の行政手続すべて)
3万円