食品を取り扱うすべての事業者に対して、令和3年6月からHACCP(ハサップ)とよばれる新しい食品衛生管理体制の整備が求められことになりました。
食品ごとにその特性に応じた個別の衛生管理が求められ、衛生管理計画の作成と実施、その記録および効果の検証が必要になります。営業許可の更新の際や立入検査の際に保健所等が衛生管理体制を確認することになっています。
令和3年6月以降は、食品を取り扱う全事業者は、HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理への取り組みが不可欠です。HACCP(ハサップ)の整備をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理とは

HACCP(ハサップ)は、食品衛生上の危害要因を、食品の製造・加工工程において明らかにし、重点対策を定め食の安全を確保する仕組みです。
食品を取り扱う全ての事業者は、従来、実施してきた一般衛生管理のほかに、HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理が求められることになります。
衛生管理基準を国際レベルに照準化し、食品に異物が混入したり、微生物が付着することがないよう衛生管理体制を強化し、食文化のグローバル化に対応するねらいがあります。

ハサップ導入のための手順

1、現在の食品衛生管理体制の把握
2、ハサップに沿った衛生管理計画の作成
3、計画実施の管理
4、検証

行政書士の役割

食品を扱う事業者の衛生管理体制の現状を把握し、求められる体制が何かを検討します。検討結果を踏まえて、HACCP (ハサップ)に沿った衛生管理として、重点対策を盛り込んだ衛生管理計画の作成・実施・検証の支援をいたします。
HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理計画でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。
(報酬)
4万円(税込44,000円)
※業務負担に応じて報酬が加算されることがあります