遺言書の保管制度がはじまります

令和2年7月10日から、遺言書の保管制度がはじまります。遺言書のうち、一定の方式にしたがい、自分で手書きした自筆証書遺言を、法務局で預かってもらえる「自筆証書遺言書の保管制度」が開始されます。遺言は、ご自身の財産を家族に確実に託し、相続をめぐるトラブルを防ぐにあたって有用な手段になります。そのため、自筆証書遺言も多くの相続の場面で活用されてきました。ところが、自筆証書遺言には、遺言者本人が亡くなったあと発見されないという紛失のおそれや一部の相続人により書き換えられるという改ざんのおそれなどがあり、敬遠されるところがありました。そこで、これらの不都合を解消するために、法務局で「自筆証書遺言書」を保管する制度が創設されました。
遺言書保管はこちら