障害福祉サービスを提供する事業者となることをお考えの方が、まず最初に悩むことが、障害福祉サービスのメニューが多すぎて、何を事業内容にすれば良いのかわからないということだと思います。障害福祉サービスは、この世の中、同じ人が一人もいないのと同じように、障害のある人も一人として同じ障害ではないという理念のもと、個々人の障害の程度や勘案するべき事項に応じて、さまざまなメニューを用意しているところに最大の特徴があります。
そこで、事業者となることをお考えの方は、大人なのか、子供なのか、居宅なのか、通所なのか、入所なのか、どのような支援をしたいのかといったことを改めて考え直し、障がい福祉サービスを選定する必要があります。そのうえで、指定要件となる、人員、設備、運営について検討し、実際に、事業者として運営ができるかどうかについて検討していくという姿勢が大切です。
志を高くもち、障がい福祉事業の事業者になることをお考えの皆様の夢の実現を支援することが行政書士の役割です。
お気軽にお問合せください。

放課後等デイサービス

グループホーム