相続手続とは

人が亡くなると、相続が開始されます。相続が始まり、亡くなった方の財産を相続人に承継させるためには相続手続が必要になります。相続手続は一定の期間内にすることが期待されていますが、亡くなった直後の手続きであることを考えると心理的な負担はもちろん時間的な負担も大きいものがあります。そこで、行政書士が、家族に代わって相続手続のお役に立ちます。

各種手続き

1.相続調査

手続きの最初にすることが、相続人と相続財産の調査です。相続調査は相続手続の前提になるものですから、相続手続の基礎といえます。

相続調査はこちらから

2.遺言書の確認と遺産分割協議書の作成

遺言書が書かれているかどうによって、その後の手続きに違いが生じます。遺言書があると、遺言書に記載されている通りに、相続手続を進められることになります。遺言書がないと、相続人間で相続財産の分け方を協議し、その結果を遺産分割協議書に記し、協議書にしたがって、相続手続きを進めることになります。

遺言書

遺産分割協議書

3.法定相続情報一覧図の作成

相続手続をするにあたっては、それぞれの窓口で相続関係の証明が求められます。わかりやすく、簡単に相続関係の証明の手助けになるのが法定相続情報証明制度です。

法定相続情報一覧図

4.各機関での手続き

相続手続の基本は、所有権の移転にあります。典型的な財産として、預貯金であれば金融機関、自動車であれば運輸支局等、不動産であれば法務局での手続が必要になります。相続財産によって、手続も異なりますので詳細はお問い合わせください。

金融機関・行政機関・不動産の手続