相続手続とは

相続が始まると、家族が集まり、相続財産を誰が相続するのかということを話し始めるのは自然な成り行きなのかもしれません。遺言書はあるのかといった現実的なご意見も、あの土地が欲しい、自分はお金がという相続人それぞれの思惑も、相続をめぐっては、いろいろな人間模様が展開されます。
いずれにしろ、相続人が相続財産を譲り受けるためには、相続手続が必要です。相続手続は一定の期間内にすることが期待されますが、心理的な負担はもちろん時間的な負担も大きく、手続き自体がされないということも少なくありません。そこで、行政書士が、手続きの負担を軽減し、相続手続が速やかに実施されるよう支援いたします。

手続きの流れ

1.相続調査

手続きの最初にすることが、相続人と相続財産の調査です。相続調査は相続手続の前提になるもので、相続手続の基礎といえます。

相続調査はこちら

2.遺言書の確認と遺産分割協議書の作成

遺言書が作成されているかどうによって、その後の手続きに違いが生じます。
遺言書が作成されているケースでは、遺言者が遺言書に記した内容にしたがって、手続きがすすめられます。ですので、相続が始まったときは、相続調査と並行して、遺言書の有無についても、調査をすることが大切です。
遺言書が作成されていないケースでは、相続人間で相続財産の分け方を協議します。その結果が遺産分割協議書に記され、協議書の内容にしたがって、手続きが進められることになります。

遺言書はこちら

遺言書保管はこちら

遺産分割協議書はこちら

3.法定相続情報証明

相続手続をするにあたっては、それぞれの窓口で相続関係の証明が求められます。戸籍の束を、窓口に持参することなく、紙一枚で、簡単に、相続関係の証明をできるのが法定相続情報証明です。

法定相続情報証明はこちら

4.各機関での手続き

相続手続の基本は、所有権の移転にあります。預貯金であれば金融機関、不動産であれば法務局、自動車であれば運輸支局での手続が必要になります。相続財産によって、手続も異なります。

金融機関・行政機関・不動産の手続