建設

新規許可

建設業者が500万円以上の建設工事を請け負うためには、29種類ある建設業の種類ごとに、国土交通大臣または都道府県知事の許可を受ける必要があります。

新規許可はこちら

業種追加

ある業種の建設業許可を受けている者が、他の業種の建設業許可を取得することを、業種追加といいます。

業種追加はこちら

更新

建設業許可の有効期間は5年間あり、5年を超えて営業を行う場合は、期間満了の30日前までに更新の手続きをしなければなりません。

更新はこちら

変更届

建設業の許可業者は、毎事業年度終了後4か月以内に、所轄官庁に対して、決算変更届を提出しなければなりません。

変更届はこちら

建設キャリアアップシステム

平成31年4月から新しく運用が開始された、事業者と技能者を支えるためのシステムです。

建設キャリアアップはこちら

運輸交通

緑ナンバーの手続き

自動車を使用し、他人の需要に応じて有償で貨物を運送する場合、一般貨物自動車運送事業として緑ナンバーの取得が求められます。

緑ナンバーはこちら

黒ナンバーの手続き

軽自動車を使用して、他人の需要に応じて有償で貨物を運送する事業を行う場合は、管轄の地方運輸支局にて「貨物軽自動車運送事業」の届出をする必要があります。

黒ナンバーはこちら

収集運搬業と新規許可

車庫証明

自動車のドライバーは、新たに車を保有する場合や引越しにより使用の本拠の位置が変更される場合に、自動車の車庫を確保しなけばなりません。

車庫証明はこちら

自動車登録

新車、中古車に限らず、自動車を公道で走らせようとする場合、新規登録をして、車検証を発行してもらう必要があります。

自動車登録はこちら

出張封印

車のナンバープレートを取り付ける際、後方左上の部分に、封印を受けることが、法律上定められています。そのため、登録対象の車をナンバーセンターに持ち込んで手続きをする必要があります。

出張封印はこちら