出張封印は、ナンバープレートを取り付ける予定の車両で、車の持ち込みを検討されているお客様の負担を大幅に減らすことのできる手続きです。
丁種の封印受託者である行政書士会から再委託を受けている行政書士は、お客様のご自宅や会社の駐車場などお客様のご要望に応じた場所と時間で封印の取付けを行うことができます。行政書士を活用することにより、お客様は運輸支局や自動車検査登録事務所に車を持ち込むことなく、自動車の登録手続と封印を受けることが可能になります。
新規、移転、変更、交換といった自動車の登録手続きでナンバープレートが交付される際、登録手続とともに、行政書士による出張封印を活用することにより、経費や時間の節約になるとともに、事故のリスクも減らすことができます。
ナンバープレートを取り付けてから納車をお考えのディーラーの皆様、都内で出張封印対応ができる行政書士をお探しの行政書士の先生方、新しく東京都内のナンバーを取得する個人のお客様のご要望にお応えいたします。

ご当地ナンバー

地域の風景や観光資源を図柄にし、地域の魅力を伝えるご当地ナンバー。世田谷は「多摩川とサギソウ」。ご当地ナンバーをつけて街を走ることで、地域の活性化に貢献できます。
※ご当地ナンバーを希望ナンバーとして選ぶことができます。
寄付金なし図柄入りナンバープレート(モノトーン)
寄付金付き図柄入りナンバープレート(フルカラー)
東京23区内では、令和2年5月11日から、板橋、江東、葛飾でもご当地ナンバーの交付が始まりました。練馬ナンバーや足立ナンバーを、お住まいの地域である、板橋ナンバー、江東ナンバー、葛飾ナンバーに交換することもできます。

手続きの流れ

1.電話やメールなど適宜な方法による弊所への連絡
お客様のご住所、お名前、ご連絡先をお伝え下さい。初回訪問日のお約束をいたします。世田谷に限らず、板橋、江東、葛飾をはじめとして、東京23区及び川崎市、横浜市も対応しております。
2.初回訪問日
ネジの形状や駐車場の確認などナンバープレートを交換できるかかどうかを確かめるために、封印を行う予定の場所におうかがいいたします。
3.申請手続
新規、移転、変更、交換など、お客様のニーズにあった自動車の登録手続きをした上で、税申告、ナンバープレートの交付を受けます。
4.出張封印
ナンバープレートが交付されてから、お客様のご都合の良いお時間に、ご都合の良い場所で出張封印をいたします。当日、行政書士がナンバープレートの交換作業もいたします。封印前に車台番号の確認と写真撮影、封印後に後部ナンバープレートの写真撮影をさせていただきますので、ご了承ください。
(報酬)
出張封印
【品川、練馬、足立、世田谷、杉並、板橋、江東、葛飾の各ナンバー】
1万円(税込11,000円)
【多摩、川崎、横浜の各ナンバー】
1万2,000円(税込13,200円)
※ナンバープレート代は別料金です。
※地方ディーラーからのご依頼で、丁種の封印権をもつ行政書士に封印を送付するケースでも報酬は同一です。
自動車登録
5,000円(税込5,500円)
車庫証明
【世田谷、目黒、品川、大田ほか杉並、渋谷、港、中野、新宿、豊島、練馬、板橋、北、足立、荒川、江戸川、葛飾、江東、千代田、中央、文京、台東、墨田の東京23区】
5,000円(税込5,500円)
【東京市部、川崎市、横浜市】
7,000円(税込7,700円)
※比較的近い警察署のケースでは、東京23区と同様の報酬でご対応いたします。お気軽にお問合せください。