事業計画の変更とは

運送事業者も、さまざまな局面で経営判断が求められる一事業者ですので、経済状況や自社の経営状況を踏まえながら、車庫や営業所の新設・移転・廃止、事業用自動車の増車・減車をしなければならないことがあります。この場合、行政庁から認可されている事業計画の内容に変更が生じるので、申請あるいは届出という行政手続を通じて、変更内容を行政庁に知らせる必要があります。これが、事業計画の変更といわれる行政手続です。

車庫

一般貨物自動車運送事業の認可を受けている事業者は、事業計画上、車庫の位置や面積を定めることが求められています。そのため、車庫を新設する場合や移転する場合は、行政庁に認可申請をする必要があります。
車庫の新設・移転が認可されるための要件

営業所

増車・減車