東京都による感染拡大防止協力金の支給手続きが始まりました

東京都による休業要請や営業時間の短縮要請に応じた「対象施設」に支給される、「感染拡大防止協力金」に関する支給手続きが始まりました。行政手続の円滑化を図るために「専門家による事前確認」を奨励しています。当初、行政書士は、専門家に含まれていませんでしたが、関係者の働きかけにより、行政書士も専門家として事前確認手続に加わることができるようになりました。事前確認を経ることにより、協力金を迅速に受け取ることができます。行政手続の専門家である行政書士による事前確認を通じて、新型コロナウィルスによる影響を最小限に食い止めることが、持続可能な社会における事業モデルにも合致するものとなります。事前確認手続は、東京都による費用負担があるため、お客様が報酬を支払う必要はございません。お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です