経営課題への取組みは、経営者の手腕を発揮する絶好のチャンスです。IT導入補助金は、補助対象事業の事業費の一部について補助金を受けることにより、ITツールの導入を容易にし、働く人の業務負担を減らすことを通じて、人材の有効活用と経営状況の好転を図るものです。経営課題への取組みの一つとして、IT導入補助金の活用をお考えになることは、「働き方」改革につながるものとして、自社の経営を有利に展開できるようになります。
経営課題の解決に役立つITツールを導入することにより、業務の効率化や情報の一元化を図り、業務量の負担を減らすことにつながります。その結果、業務負担の減った人材を有効活用することができるようになり、「働き方」改革に役立つとともに、顧客ニーズにかなった、よりきめ細やかな商品・サービス提供を可能にします。

IT導入補助金2021

IT導入補助金2021では、【通常枠】のほかに、低感染リスク型ビジネス枠という【特別枠】が新設されています。
【通常枠】は、今後複数年に渡り相次いで直面する、働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入といった制度変更に対応するために、事業費の一部を負担することによりITツールを導入し、事業者の生産性向上を図るための補助金です。これに対して、【特別枠】は、ポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けて、労働生産性の向上に加えて、業務上の対人接触の機会を低減するために、業務の非対面化に取り組む事業者のITツール導入を優先的に支援する補助金です。
【通常枠】として、A類型、B類型、【特別枠】としてC-1類型、C-2類型、D類型の合計5種類の補助金の枠組みが用意されています。導入ツールの性格や補助金額に応じて類型が異なります。ITツールが非対面化ツールかどうか、連携型ツールかどうか、クラウド対応ツールかどうか、補助金額が300万円以上かどうかによって、それぞれ類型が異なります。
A類型 補助金申請額30万~150万 補助率1/2
B類型 補助金申請額150万~450万未満 補助率1/2
C-1類型 補助金申請額30万~300万未満 補助率2/3
C-2類型 補助金申請額300万~450万未満 補助率2/3
D類型 補助金申請額30万~150万以下 補助率2/3
事業のニーズにあわせて必要なITツールの導入を検討しつつ、事業者様が有利な補助金活用をできるよう支援するのが行政書士の役割です。詳しくは、お問い合わせください。

申請手続き

1.自社の経営課題を把握し、必要なITツールの選定について検討します
2.当該ITツールを扱っているIT導入支援事業者と交渉し、支援事業者とともに申請作業を実施する体制を整備します
3.ITツール導入のための補助金申請手続きとして、自社の経営状況や今後の展望、賃上げ計画についてヒアリングのうえ、申請作業を実施します
4.補助金の交付決定後は、ご希望に応じて、補助事業実施後の事業報告をします
※本補助金の申請には、GビズIDプライムアカウントが必要です。ITツールの導入は、アカウントの取得からスタートです。
GビズIDプライムアカウントの取得はこちらから

ITツール活用事例

現在準備中です。
(報酬)
申請報酬
4万円
※ITツールの選定、支援事業者との交渉、申請作業などITツール導入補助金の申請に必要な報酬です
IT導入のための事業計画報酬
6万円
事業報告報酬
2万円
※補助金の交付決定がされない場合でも、申請報酬は発生します