相続

相続が発生すると、相続人が相続財産を譲り受けることになります。このとき、遺言書が作成されていると、遺言書に記載されている通りに、相続財産を分けることになります。遺言書が作成されていない場合は、相続人間で、どのように相続財産を分けるかということについて、遺産分割協議といわれる話し合いをします。
相続手続は、相続人や相続財産の調査に始まり、遺言書や遺産分割協議書による手続など関係機関への訪問をも含めると、長丁場の大変手間のかかる手続きです。そこで、当行政書士事務所では、このような相続手続にお困りの皆様のお役に立つために、手続の負担を軽減させる業務を実施しております。
遺産分割協議書による相続手続のケースでは、相続人間で相続財産をめぐるトラブルが発生し、円滑に話し合いがまとまらず、調停、裁判にまで至り、ようやく相続手続が完了するといった話も聞きます。そのような事態に至らないようにするためには、遺言書や家族信託契約書の作成を通じて、故人の遺志を、次世代を担う方々に明確に伝えておくということが大切です。当行政書士事務所では、相続をめぐるトラブルが発生しないようにするための仕組みづくりも業務としております。

相続はこちら

家族信託

☆認知症になっても、家族に面倒がかからないようにするために、自分の財産を活用できるようにしておきたい。
☆家のことをしてもらうために、多くの財産を譲る予定なのだけれど、何かあった時に備えて、財産の活用をできるようにしておきたい。

家族信託はこちら

おひとり様の相続対策

☆おひとり様で頼れる身内がいないので、何かあった時に備えて、準備しておきたい。

おひとり様対策はこちら

空き家対策

☆子どもたちには持ち家があり、将来自宅が「空き家」になるので、今のうちに準備しておきたい。
☆「空き家」を相続したのだけれど、どのようにするのが良いのかを知りたい。

空き家対策はこちら

離婚

☆離婚をするうえで、今、しておくべきことを教えてほしい。
☆離婚後の生活に不安があって踏み出せないのだけれど、今後の生活がどうなるのかを知りたい。

離婚はこちら

外国人が「家族と暮らす」

外国人が「家族と暮らす」