相続

相続が発生すると、相続人が相続財産を譲り受けることになります。このとき、遺言書が作成されていると、遺言書に記載されている通りに、相続財産を分けることになります。遺言書が作成されていない場合は、相続人間で、どのように相続財産を分けるかということについて、遺産分割協議といわれる話し合いをします。
相続手続は、相続人や相続財産の調査に始まり、遺言書や遺産分割協議書による手続など関係機関への訪問をも含めると、長丁場の大変手間のかかる手続きです。行政書士が、手続きの負担軽減のために、相続手続でお困りの皆様のお役に立ちます。
遺産分割協議書による相続手続のケースでは、相続人間で相続財産をめぐるトラブルが発生し、円滑に話し合いがまとまらず、調停、裁判にまで至り、ようやく相続手続が完了するといった話も聞きます。そのような事態に陥らないようにするためには、遺言書や家族信託契約書の作成を通じて、自らの想いを、次世代に明確に伝えておくということが大切です。当行政書士事務所では、相続をめぐるトラブルが発生しないようにするための仕組みづくりにも取り組んでおります。

相続はこちら

家族信託

家族信託は、家族が財産を活用するうえで、価値ある仕組みづくりの一つです。
後見制度の利用が開始されると、本人の財産は本人のためだけに活用することになり、家族のために活用することは難しくなるといわれることがあります。家のことをしてもらうために、特定の家族に多くの財産を相続させる予定でいる場合でも、その家族が思っている通りに財産を活用してくれるとは限りません。
家族信託は、このような不安を解消することのできる仕組みです。受託者に財産をあずけ、ある目的を設定し、その目的のために財産を活用してもらうように、信託契約で決めておきます。受託者は、信託契約で決めた内容にしたがい、財産を活用します。受託者が契約内容にしたがって、財産の活用をしているかどうかをチェックする仕組みをつくることもできます。
家族信託契約は、目的の設定にはじまり、権利関係の設定、その手続きも複雑です。行政書士が、家族のための財産活用を実現する信託契約書の作成及び手続きのお役に立ちます。

家族信託はこちら

財産管理

現在、準備中です。しばらくお待ちください。

おひとり様の相続対策

おひとり様の相続をめぐっては、相続財産の承継だけでなく、検討しなければならないことが多くあります。
病院へのかけつけ、葬儀や埋葬、居住空間の整理、社会生活に不可欠な契約や年金・保険等の各種手続きなど、通常であれば、配偶者やお子さんなど身近な家族がすることを、信頼できる人に託し、確実に手続きをしてもらう仕組みづくりを検討しておくことが大切です。
相続財産の承継についても、遺言書作成をしておかないと、相続人がいない場合は、最終的には財産が国庫に帰属することになってしまい、自らの思いを次世代に伝えることもかなわなくなってしまいます。
お子さんがいらっしゃらない方は、おひとり様の相続対策として、何をしておくと良いのかを考えておくことが大切です。行政書士が、良き相談相手として、おひとり様の相続対策のお役に立ちます。

おひとり様の相続対策はこちら

空き家対策

☆子どもたちには持ち家があり、将来自宅が「空き家」になるので、今のうちに準備しておきたい。
☆「空き家」を相続したのだけれど、どのようにするのが良いのかを知りたい。

空き家対策はこちら

離婚

☆離婚をするうえで、今、しておくべきことを教えてほしい。
☆離婚後の生活に不安があって踏み出せないのだけれど、今後の生活がどうなるのかを知りたい。

離婚はこちら

ストーカー

☆ストーカー被害で困っていて、その対策について知りたい。

ストーカーはこちら

外国人が「家族と暮らす」

外国人が「家族と暮らす」